築120年の京町屋を解放している
京都市伏見区のアットホームな絵画教室です。
美術高校受験・美大受験・芸大受験もお任せください。

OWL美術研究所BLOG

2017銅駝美術工芸高校合格者再現作品2017/06/22

2017銅駝美術工芸高校合格者再現作品0

2017銅駝美術工芸高校合格者再現作品1

2017銅駝美術工芸高校合格者再現作品2

2017銅駝美術工芸高校合格者再現作品3

2017銅駝美術工芸高校合格者再現作品4

2017銅駝美術工芸高校合格者再現作品5

2017銅駝美術工芸高校合格者再現作品6

今年の銅駝美術工芸高校の出題はモチーフは(スクエア―コルクボトル)を手渡され、(旅)というテーマでした。

デッサンは段ボール(焦げ茶色)と蕪でした。OWL美術研究所から受験された受験生はみんな頑張ってくださって、受験者6名全員合格され、大変うれしく思っております。

芸術大学受験 美術大学受験 美術高校受験

球のデッサン 描き方 2010/05/19

基礎のデッサンである、球の描き方についてご紹介致します。
こちらは、
美術大学受験美術高校受験コースの方、
一般教室のデッサン希望者の方に、入会して頂いた際
最初に行っていただくデッサンです。
この球のデッサンには、
描くことの基本が詰まっています。
では、はじめましょう~。

デッサン
光沢のあるビニールボールと、
発泡スチロールの球を描きます。

デッサン
最初は、描く紙に対し、
どの位置に入れるかを考えて
構図を探ってゆきます。

デッサン
構図が決まれば、正確に形を描けるよう
補助の線を引きます。

デッサン
正確に形を描けたら、補助線を消します。

デッサン
大きな光と影の感じを描きます。

デッサン

最初の段階では、
細かいところは気にせず、
大きな影をつけていくようにしましょう。
おおっと、段々球らしくなってきました~。

デッサン

一番光っているところと
一番暗いところの様子、
反射する光や、ボールと地面との感じ、
球の下に落ちた影のバランスが崩れないよう描いていきます。

デッサン
大きな明暗を描けたら、
さぁ、最後の仕上げである、
写りこみを描いていきます。

デッサン
完成です!

デッサンは、普段見ているものを
改めて見つめ、
何気なく見ているだけでは気づかない、
形の面白さや、光と影の美しさを知ることができる
奥の深いトレーニングです。
デッサンができる様になると、
自分の思い描いた世界を
自由に描くことができ
とても楽しいです。

芸術大学受験 美術大学受験 美術高校受験

武蔵野美術大学 空間演習デザイン合格者作品2009/07/27

今回は今年の入試で武蔵野美術大学空間演出
デザインに合格した、芸大・美大受験コースの受講生、
M君のデッサンで見方のポイントを探っていきたいと思います。

この科は時間が3時間と短いが、大きな物を描かされ、
すべてを3時間で描ききるのはとても難しいと思います。
そこで時間内に何を描くかがポイントになると思います。
まずは3時間で描いてもらいました。

武蔵野美術大学空間演出デザイン合格者作品
瓶のラベルの模様が気になって、瓶自体の質感や瓶の陰が床に映り込んでいるのを
見逃しています。

武蔵野美術大学空間演出デザイン合格者作品
そのポイントを指摘し、もう少し加筆してもらいました。
瓶の存在感が増すことにより、全体の感じも出たのではないでしょうか。

芸術大学受験 美術大学受験 美術高校受験

  1. 1
  2. 2
  3. >

最新の記事

記事カテゴリ

アーカイブ

お問い合わせはこちら075-601-4423 メールフォームはこちら
  • お問い合わせはこちら075-601-4423
  • メールフォームはこちら

OWL美術研究所で生まれた作品たち