築120年の京町屋を解放している
京都市伏見区のアットホームな絵画教室です。
美術高校受験・美大受験・芸大受験もお任せください。

OWL美術研究所BLOG

朝日新聞の記事2011/06/16
以前お送りした、朝日新聞取材の話で、
肝心の記事が載っておらず モヤモヤが募ったアナタ!
お待たせしました!
肝心の記事はこちらです
プロの方に、こう言っては失礼かもしれませんが
文章も写真もとっても上手いです!
すごいです~
一生懸命塗った漆喰壁を
綺麗に撮っていただいて、頑張ったかいがありました!
クロッキー教室の皆様、
取材にご協力いただきありがとうございました。
取材の方達もありがとうございました。
今までがんばってきたことが
認められたような気持ちがして
嬉しかったです。
初めてクロッキーをされた方の感情が
こちらとしても
とても勉強になりました。
僕自身も最初にクロッキーをした時は、
沢山描くと出来るようになると言われても
なかなか上手くいかなかった事を思い出します。
しかし、沢山描くと少しずつですが、
形がとれるようになり、
描けると楽しくもなってくるのです。
楽しくなってくると、
描く事の意味を考えるようになり、
絵画でよく使われる言葉の意味
(例えば空間やムーブメント)も
なんとなく理解できるようになってきたのだと思います。
受験に合格する事や、
デッサン力の向上など
色々な目的で
お越しいただいております皆さんと
絵を描く事を通じて、共に成長していければと思います。

裸婦クロッキー教室

クロッキー教室の取材2011/05/31

owl研究所では毎週、
裸婦クロッキー教室を開催しています。
クロッキーとは、
見ている回路と描いている回路を一致させる練習です。
描こうとしすぎると、
画面ばかりに気を取られ、
モチーフをよく見て観察することが
おろそかになる事があります。
描けないのは、
見ることがしっかりと出来ていないのです。
描くイメージを持って見ることが出来るかどうかです。
線は思いって描いた方がよいです。
そんな裸婦クロッキー教室が
先日取材を受けました。
今日、5月31日の
朝日新聞 夕刊に掲載されています。
「癒されたい」というコーナーです。
記者の方が実際にクロッキーを体験して、
記事にするそうです。
初めてクロッキーをされる方が
どの様に、感じていらっしゃるのかを知ることができるので、
これからクロッキー教室を続けていく上で、
参考になるのではないかと思っています。
改修して教室も綺麗になり、
がんばって行こうと思っていた矢先の
嬉しい出来事でした!

裸婦クロッキー教室

クロッキー教室 2010/02/13

今週の裸婦クロッキー教室は、
おやつ沢山デーでした。


古文書調査の方に貰った、おかき
そして、受験生徒さんのお土産クッキー。
ありがとうございます~
みんなでお茶の時間に、おいしく頂きました。

裸婦クロッキー教室

  1. 1
  2. 2
  3. >

最新の記事

記事カテゴリ

アーカイブ

お問い合わせはこちら075-601-4423 メールフォームはこちら
  • お問い合わせはこちら075-601-4423
  • メールフォームはこちら

OWL美術研究所で生まれた作品たち