築120年の京町屋を解放している
京都市伏見区のアットホームな絵画教室です

銅版画教室

  • 銅版画教室1
  • 銅版画教室2
  • 銅版画教室3

銅版画とは銅を直接引っかいたり、腐食させたりして、その痕跡をプレス機で刷りとる版画技法です。
紙に直接描くのとは違った風合いが表現できます。
初心者には技法をひとつひとつ説明して自分に合ったものが探せるように、
経験者の方は、工房の設備を利用して制作していただけます。
又、ポリマー版画など、新しい技法も取り入れて制作できます。
集中して版画の制作に打ち込みたい方、美術大学で版画を学んでいたが卒業と同時に制作の場を失って、版画から足が遠のいている方、
当アトリエは火曜、水曜、木曜の15時~21時と土曜の9時30分~21時に版画工房を解放しています。
自分だけの充実した制作時間をつくってみませんか?

銅板を引っかいて、腐食させて、痕跡をプレス機で刷りとる。繊細な線と独特の風合いが魅力です。

銅板を引っかいて、腐食させて、
痕跡をプレス機で刷りとる。
繊細な線と独特の風合いが魅力です。

設備
  • エッチングプレス機 幅70cm 53cm
  • A3カラーコピー機
  • A1インクジェットプリンター

※銅版画教室の方は、最初は貸し出しますが、本格的に版画を制作していく場合は、購入をお願い致します。

銅版画教室について、詳しくはブログにて公開しております。

ブログはこちら

各コースの受講日時

曜日をクリックすると
開講予定表が切り替わります

お問い合わせはこちら075-601-4423 メールフォームはこちら
  • お問い合わせはこちら075-601-4423
  • メールフォームはこちら

OWL美術研究所で生まれた作品たち