築120年の京町屋を解放している
京都市伏見区のアットホームな絵画教室です

先輩の声

  • 田井 昭江さん(高校生)
  • 田井 昭江さん(高校生)
    楽しんで描くことができました。 紙ふうせんというモチーフは、私が初めて描いた着彩のモチーフであり、高校に入学して初めて描いた着彩のモチーフということもあり、この絵には思い入れがあります。
    受験が終わって受験のための基礎的な着彩(野菜など)と違ったので、より楽しんで描くことができました。
    オウルはわたし的に部屋の広さもちょうどよく授業の雰囲気も集中してできるので、これからも頑張っていこうと思います。
    高校受験コース
  • 蝦子 睦月(高校生)
  • 蝦子 睦月(高校生)
    成長の実感が楽しいです。 この絵は、銅駒高校に入学して初めて描いた着彩です。
    美大の試験で似たような形式で出題されたということで、やってみたのですが、本当に難しかったです。
    高校2年になった今、この作品を見て「もっと描けたやろうな」と、思います。
    私自身、このオウル美術研究所で毎回絵を描いていく度、 成長していると実感できて、楽しいです!!
    芸大美大受験コース
  • 久光 百合香 (大学生)
  • 久光 百合香 (大学生)
    自分の進路が見えた、思い出深い場所。 大学に入ってから二年ぶりに画塾に来ました。
    久しぶりに昔の自分の絵を見て とても懐かしく感じました。
    初めは単に絵を描くのが好きで、何も考えずただ描いていましたが、 「細かい部分を描くのが得意だ」と先生に言われて、進路を日本画に決めたような気がします。
    自分にとって思い出深い場所です。
    芸大美大受験コース
お問い合わせはこちら075-601-4423 メールフォームはこちら
  • お問い合わせはこちら075-601-4423
  • メールフォームはこちら

OWL美術研究所で生まれた作品たち