銅版画の作り方 3

銅版画の作り方 3

前回は銅版画のプレートマーク制作まで、説明致しましたが、
今回は、楽しいエッチングの時間です。

グランド(防腐膜)をニードルという、
先が針のようにとがった道具で引っ掻いていきます。

銅版画の作り方 3

その引っかいた部分が腐食されて、凹み
その部分にインクを詰めて印刷するのです。

銅版画の作り方 3

注意する点は、
グランドを全て取ってしまうほど、引っ掻いてしまうと、
面になるのかと言うと、そうではなく、なにもなくなってしまうので、
反対に白くなってしまいます。

しかし、かなりの密度で線を引いても、出てくれます。
最初は度合いが分からない所もあるので、
できるだけ、沢山線を引いてもらって、どのぐらいなら出るかを
体験してもらうのが、良いと思います。

面の表現は、松ヤニの粉をふりまいて、無数の点をつくり、
腐食させる、アクアチント
という、表現技法があります。

そのお話は、また次回・・・

当研究所の公式ホームページはこちらです。
http://www.to-gi.com/

お問い合わせ

TEL 075-601-4423

見学も随時行っております。
ご希望の方はお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせフォーム