ブログ

2月22日は猫の日にちなんで猫の絵画と工作作品を集めてみました。

2月22日は猫の日にちなんで猫の絵画と工作作品を集めてみました。

ニャーにゃーにゃーで2月22日は猫の日

ついでに令和2年なので

にゃーにゃーにゃーにゃーですね。

沢山作品紹介させていただくの最後までみてねニャー

 

ナイフで描いたり、ローラにラップや梱包材を巻いたりして絵の具をつけてこらがしたり、いろいろなマチエールをつけたトレーシングペーパーをコラージュして描きました。

 

ねこがボールでじゃれています 点をたくさん描いて毛並みの表現工夫してみました。

 

ねこに見えなくもない 東儀光則版画作品

 

前の週に猫の石を作り、目はマニュキアでぬっています。 ねこの遊び場所を木工でつくりました。 diyの木片や庭で切った切株などをありとあらゆる形に切っておきます。それを子供たちは自由に繋げていきます。

 

 

 

プラバン工作

 

 

ちょっと一休み

 

風鈴をつくりました。

 

針金に縄を巻きポーズをとらせて粘土で肉付け、色を塗り、出来た猫をモデルにした絵を描いてもらいました。

 

 

 

 

 

針金に縄を巻きポーズをとらせて粘土で肉付け、色を塗りました

 

のびでもしようかな

 

 

 

せんぷうきで涼んでいる猫

 

ねことネズミ

 

 

ハロウィンの時期にランタンを作ってもらったのですが、 ネコランタンを作ってくれました。

何か狙っています。

 

 

足のつき方よく観察しています。

 

 

にゃーニャー猫が二匹

 

 

発砲スチロールで土台を作り、その上にまるでなっとう粘土を張り付けて作りました。

作ったキャラクターの絵を描いてもらいました。

 

最後まで読んでくれてありがとうニャン

京都町家の絵画教室 子供アトリエ作品紹介 寒いをテーマに描いてもらいました。

京都町家の絵画教室 子供アトリエ作品紹介 寒いをテーマに描いてもらいました。

OWL美術研究所の子供アトリエ教室では、寒ーいというテーマで描いていただきました。

肩がすくみ、手を服の中に入れています。
寒い中、雪だるまを作りたのしんでいるのですがただただ震えている人もいて面白いです。
寒い時にする格好や動作をよく観察されているので、すぐに絵にできるのだと感心します。
 
日の出日の入り太陽が雲の後ろにある時など状況により異なりますが、雲は太陽より下にあり、上から光が当たる事が多く、雲の下部が暗くなっていたりします。雲の下の方を暗くするとより立体感がでます。
実際の雲を見るときにも、ここで描いた事を思い出して、実際にある物をよりよ
く観察して見てもらえるとうれしいです。
 少し濁った色と彩度の高い色のバランスが絶妙に美しいです。
北極ギツネが氷の上にのり、サメがジャンプして、奥にクジラがいます。
ワカサギ釣りをしている所を描いてくれました。 顔は氷の反射で黒く日焼けしているそうです。 寒い状況でも力強く、たくましく生きているという事です。

大人アトリエ教室で水彩画を描いていただきました。

大人アトリエ教室で水彩画を描いていただきました。

シイタケと共に庭に芽生えたフキの塔を描いていただきました。

今回はシイタケの表面感を表現するために、塩を振ってみました。

シイタケの裏の部分は面相筆で細い線を細かく引いて表現しています。

 

 

塩を振ってどのような効果が表れるか実験中

 

ちなみにシイタケは庭で栽培した

 

 

 

 

わけではありません。

買ってきました。

 

子供アトリエでは児童画国際交流展に向けて

子供アトリエでは児童画国際交流展に向けて

 

児童画国際交流展ポスター

本年より、OWL美術研究所の子供アトリエでは児童画国際交流展に参加させていただく事となりました。

展覧会に向けて、作品をがんばって作っています。

 

画像をクリックしていただけると動画をご覧になれます。

飛び出す絵本を出品予定です。一人ひとり、自分の考えた物を飛び出す絵本になるように、コピー用紙でまず試作し、そこから硬い紙に写して、表紙にも絵を描いてもらっています。いつもは、一回で1課題の時が多いのですが、今回は時間をかけて取り組んでいます。

コピーコピー用紙で試作しています。ひくほど紙が散乱していますが、ご了承くださいませ。

2月3月お休みのおしらせ

2月3月お休みのおしらせ。

2月11日は祭日ですが、受験直前の為、受講日とします。

3月19日は児童画国際交流展搬入のためお休みいたします。

3月31日は5週目のためお休みいたします。

4月の木曜日は2日9日16日23日30日と5回ありますが、3月19日の振替として、開講いたします。

 

京都伏見の絵画教室OWL美術研究所では今年の目標、お正月の絵をかきました

京都伏見の絵画教室OWL美術研究所では今年の目標、お正月の絵をかきました

京都伏見の絵画教室OWL美術研究所子供アトリエでは今年の目標、お正月の絵をかきました。

 

 

 

今年の目標を描いてくれた生徒さんもいてうれしく思います。

100点いっぱいとれますように

 

 

おまけ 作った凧じゃなくて申し訳ないです。

子供アトリエ教室では、キャンドル工作でドーナツを作りました。

子供アトリエ教室では、キャンドル工作でドーナツを作りました。

京都の絵画教室OWL美術研究所・東儀画塾

子供アトリエ

ではキャンドル工作(蝋)でドーナツを作り、入れるための箱を作りました。

 

12月の工作は毎年キャンドル工作をしています。一年を通しての工作でも特に子供たちが楽しみにしています。

毎年少しずつ違う事をします。

昨年は自由にちいさな人形などの形を作っていただきました。

ケーキや雪だるま、クリスマスクリー、などを作ってもらった年もあります。

本年は箱も作ってもらい、作った後にマスキングテープで柄をデザインして貼ってもらいました。ここにも個性がでます。いつも切絵が大好きなA君は箱に切絵をはりつけて作ってくれました。

子供アトリエはクリスマスの絵をかきました。

子供アトリエはクリスマスの絵をかきました。

12月12日21日のOWL美術研究所での子供アトリエの課題はクリスマスの絵をかきました。

 

  子供アトリエクリスマスの絵

子供の絵 クリスマス

子供の絵クリスマス

「今時の家って煙突ないからどうしてサンタさん家に入ってくるんだろうね」って質問したらら

ベランダにお手紙と共に姿は見せないがプレゼントを置いて行ってくれたという返事が返ってきました。

クリスマスのサンタさんのストーリーをいろいろと思い描いていただければ幸いです。

12月21日ははキャンドルでドーナツを作ります。

19日に作った作品と試作の写真をチョイ見せ

キャンドル工作 ドーナツ

水彩画を描きました。OWL美術研究所の庭に実った柿を収穫して

水彩画を描きました。OWL美術研究所の庭に実った柿を収穫して

 

先日OWL美術研究所の柿の実を収穫して、水彩画にしたのですが、収穫の途中、高枝切はさみが壊れてしまい、高い所の枝についている柿の実を収穫出来ずにいました。

そして、水彩画を描いている所を動画にしたのですが、こちらも電気の色がおかしく、色が黄色被りしていて色がよくわからに動画をアップしてしまったので、今回は色の合っている電球の元でブリブリに実った柿の実を描いてみました。

高い所に実っている柿を採るために、何度も脚立のぐらつきにたえながら収穫しました。宜しければご高覧くださると幸いです。

 

銅版画工房のカレンダー展は本日より開催

銅版画工房のカレンダー展は本日より開催

銅版画工房のカレンダー展が本日より、開催されています。

搬入風景

正面壁の真ん中に私の作品飾っていただいて大変恐縮です。

今回は白黒で制作してみました。

この銅版画工房のカレンダー展は展示即売出来、気に入った作品があれば、ご購入いただけます。

カレンダーに印刷し、多くの人に銅版画を親しんでいただけるキッカケになれば嬉しいです。

よろしければ

ご高覧いただけると幸いです。

出品者の方と本町から、淀屋橋まで、イルミネーションを見ながら帰りました。

お問い合わせ

TEL 075-601-4423

見学も随時行っております。
ご希望の方はお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせフォーム