ブログ | 東儀画塾 OWL美術研究所

  • HOME
  • ブログ | 東儀画塾 OWL美術研究所

京都銅版画協会2022ミニアチュール展の当番

本日は京都銅版画協会の当番に行ってきました。銅版画と言えば、エッチングで白黒の作品のイメージがあるかとは思いますが、銅版画イコールエッチングではなく、様々な技法があります。他の版画の種類シルクスクリーンや木版、リトグラフなどと比べても、銅版画の技法は多岐にわたります。例えば写真を利用した技法では、シルクスクリーンが多く使われますが、

銅版画も写真を使った表現技法があります。今年の2階特別展示で出品中の前川秀治先生も写真を利用した技法となります。

シルクスクリーンとは又違った、味わい深い色の重なりになるように思います。

 

 

他にも、メゾチントという技法があります。

メゾチントはまず物理的に銅板に無数の点をつけ、真っ黒にした状態を少しずつなめしていき白くしていきながら、作品を作っていく技法です。 デッサンで言えば、先ず画面全体を縦横無尽にタッチをつけ、真っ黒の状態にして消しゴムで

描いていくような技法になります。この技法もなんとも言えない奥行のある風合いが出て、銅版画独特の技法になります。

 

OWL美術研究所にお越しの、二宮さちこさんは基本エッチングの技法で制作されていますが、目の部分だけはメゾチントを使われています。

二宮さち子 銅版画作品 エッチング・メゾチント

 

他にもドライポイントといい、直接ニードルで版を引っ搔いて線を描く技法もあります。直接描くと、まくれが出てにじんだような線になりこれも銅版画ならではの技法のひとつになります。

 

他にも、いろいろな技法をくみあわせて、作者一人ひとりの表現があり見ごたえのある展示となっているとおもいます。

2022年7月24日日曜日迄開催しておりますので、ぜひ直接見て、銅版画の世界観をお楽しみいただければ幸いです。

ギャラリーヒルゲートにて2022年7月24日迄開催詳細はこちら

 

OWL美術研究所銅版画教室の詳細はこちらから

おまけ・・・本日当番7時迄だったのですが、大雨が降ったこともあり、だれももう来ないだろうから、もう一人の当番の方が6時頃に私がみとくから早く帰っていいよと

言っていただいたのを言いことに早くかえらせていただきました。ありがとうございます。そして帰りの中書島の駅で虹をみる事ができました。こんなにはっきりとした虹を久しぶりにみる事ができました。すこしタイミングが違えば恐らく見れなかったので、時間を下さったkさんに改めて感謝いたします。ありがとうございました!

小学生のデッサン教室

小学生のデッサン教室

小学生のデッサン練習法について

小学生でデッサンをやってみたいというお問い合わせを頂く事があります。

OWL美術研究所では、子供アトリエの時間帯にも、課題により、希望者にはデッサンをしていただいています。

しかし、デッサンは目の前のモチーフを深く観察しながら、正確に形をとり、細かい所迄気をくばり、一つ一つの作業の正確性が要求されます。

なんとなくやって見たいという感じだと、難しさを感じてしまう事もあります。

 

習ってみたい生徒さんによく言われる事に絵の具が苦手なので、鉛筆デッサンをしてみたいという方がおられるのですが、

確かに、鉛筆の方が絵の具に比べると、細かく描けるので、コントロールしやすい所はあるかもしれませんが、

道具を鉛筆にかえても、本人は気にならないレベルになるかもしれないのですが、絵の具で上手く描けない問題は同じ所に出てしまうのです。

つまり、絵の具でうまくいかないという事はおそらく、頭で考えた線のイメージよりも慌てて塗ってしまい、はみ出し、修正しようにも、すぐには修正できないので、鉛筆をやって見たいという事だとは思うのですが、

デッサンでは、その線を後から修正する事はあるにしても、出来るだけ正確に捉える練習でもあるので、絵の具で上手くいかないので、鉛筆というのもすこし違ってしまいます。

 

デッサン上達の練習法として、細い筆の穂先だけをつけて、出来るだけ、思った通りの線が描けるように練習したりします。

慌てて描いてしまって、絵の具がはみ出し、絵の具に苦手意識がある方は、子供アトリエで、落ち着いて、丁寧に絵の具で描ける感覚を身につけてから、

鉛筆デッサンに移行しても全然遅くはありません。

デッサンの概念を理解してもらうのに、少し時間を要する場合があるので、小学生でデッサンを希望される方は、子供アトリエで、絵の具でかいたり、

工作をしたり、の課題の中から楽しんで絵を描く感覚をわすれないようにしつつ、子供アトリエの課題でデッサンで必要な考え方や観察力や、

丁寧に一つ一つの線を描くという、基本力は身に付け、少しずつデッサンが楽しめる土台が出来たうえで、本格的なデッサンコースに移行していただく事を進めています。

 

OWL美術研究所の子供アトリエスタッフは、美術大学や美術高校受験生のデッサンも指導していますので、子供アトリエでデッサンをやりたい意向の生徒さんには、

デッサン以外の課題で絵の具を使うイメージ課題の時にもデッサンで必要とされる要素はお伝えして指導しています。

デッサン受講希望者には、少しずつ鉛筆デッサンに慣れて、デッサンの楽しさを知ってもらうように指導しております。 

 

 

子供アトリエ教室にて、鉛筆デッサンを希望する生徒さんが鉛筆デッサンを行っている様子です。

子供アトリエでの鉛筆デッサン

 

 

 

子供アトリエでは普段は絵具で描くのですが、鉛筆デッサンに向いている課題の時は、希望者には鉛筆デッサンをしてもらっています。

 

OWL美術研究所子供アトリエ教室の詳細

合格おめでとう2022

合格おめでとう2022

成安造形大学特待生合格再現作品

京都市立芸術大学合格再現作品

 

広島市立大学洋画科合格者作品

多摩美術大学デザイン科(編入)合格者作品

😊祝合格😊

京都市立芸術大学 美術学部
金沢美術工芸大学 美術学部 彫刻科 
奈良教育大学  中学美術
広島市立大学  美術学部 洋画
成安造形大学 デザイン科(特待生)
多摩美術大学ビジュアルデザイン学科(編入)
大阪芸術大学 ビジュアルデザイン学科
京都精華大学プロダクトデザイン学科
嵯峨美術大学 造形学科
京都芸術大学 建築学科
京都芸術大学 ビジュアルデザイン学科
銅駝美術工芸高校
精華高校
京都芸術高校

OWL美術研究所美術大学受験対策コースの詳細

美術高校受験対策コース

京都銅版画協会ミニアチュール展2022

京都銅版画協会ミニアチュール展2022

2022年7月19日よりギャラリーヒルゲートにて京都銅版画協会ミニアチュール展を開催いたしております。

OWL美術研究所からは、私東儀光則の作品と二宮さちこさんの作品を展示いたしております。会場では販売もいてしておりますので

興味のある方は、ご高覧いただければ幸いです。

二階特別展示では前川秀治先生の作品が展示されております。前川先生の作品は写真をパソコンで色分解して、トナーのプリンターで

色版ごとに出力したものを銅板に水と油の作用を利用して転写し、腐食して制作されています。私も昔教わりチャレンジした事がありますが、転写するだけでもなか難しい技法でもあります。

わざわざ複雑な工程を踏むことで銅版画の味わいをひきだしている作品であります。是非ともご高覧いただければ幸いです。

 

OWL美術研究所の 銅版画教室 

東儀一回顧展開催のおしらせ

昨日搬入に行ってきました。一室の予定が2室使って、開催していただきました。大きな空間で、父の作品

だけを並べて、見る機会が今まで無かったので、見ごたえがあり、いい展示になっているとおもいます。

100号32点を展示させていただいています。化けて出て来られても怖いですが、父も喜んでいる事だとおもいます。

 

本当にこのような機会をいただき、新芸術協会様に感謝いたします。

 

 

 

 

社会人で色彩を勉強したい方へ

社会人で色彩を勉強したい方へ

OWL美術研究所では、社会人の方にも希望者には、色彩構成をしていただいています。色彩構成は受験生(芸大美大美術高校)にとっては、受講される生徒さん

もおおいのですが、社会人の方や、芸大美大を卒業されたても、受験の時に色彩構成が出題されない入試だった場合、色彩構成を全くやった事が無く、大学でも

時間をかけてやる機会が無かった場合、仕事としては、アニメーターやゲームークリエーターといった仕事に就いておられても、色彩の基本的な考え方を十分に理解

したうえで、色を選択する事ができないといったお話をよく聞きます。

 

そこで社会人コースでお越しの生徒さんにも、受験生と同じ最初の課題をやっていただいています。

線を大きな面積と細かく分割し、面積対比をかんがえて線をひきます。これだけでも以外と難しかったりします。

一番大きな面積に塗った色がその絵の支配色になるので、その色を基準に、調和と対比を考えながら、色を選択していきます。

 

色を塗って、又修正してをくりかえし、塗り直す事によって色の響きが出る感覚を感じてもらいながら、なぜそうなるのかを考えて、

次に描く色彩構成にも、基本的な色に対する理論と感覚を最初に体験してもらための課題になります。

 

 

 

 

 

 

第44回児童画国際交流展開催のお知らせ

第44回児童画国際交流展が昨日より開催されております。

昨年より参加させていただいております。児童画国際交流展に今年もOWL美術研究所が参加させていただいております。昨年は初参加だったのですが、コロナの影響で、無観客となり、

なにかと大変な開催でした。

今年は沢山の方にみていただけると、嬉しくおもいます。(コロナ対策はしております)

紹介動画を作成いたしましたので、参考に見てみてください。実際に実物を見ていただいた時にも、それぞれの国の背景など、参考にしていただけるとおもいます。

とうぎ

東儀画塾子供アトリエ教室の詳細

大人アトリエ思いのある写真から

大人アトリエ思いのある写真から

大人アトリエ所属Tさんの作品紹介をさせていただきます。

今回は写真を見ながら描きました。

出来れば実物の方が良い所もあるのですが、思い入れのある写真で、技法の検証も兼ねて描いていただきました。

飼っておられる猫が、2匹仲良く写っている写真で、今はそれぞれ主張が強くなり、一定の距離を保ちながら喧嘩に

ならないようにお互いの距離を保ちながら暮らしているそうです。

仲睦まじかった頃の大事な写真を絵にしたいという思いで描きました。

技法も好きな作家さんの描き方を参考に描いてみました。

写真を見て描く時は、写真をそのまま写すだけではなく、プラスアルファの思いや、絵にするポイントを決め、

すこし、写真では見えない部分まで描いていけると良いです。

ネコちゃんは口がモフっとしている所が可愛いので、そこはすこしだけ強調し、かわいくなったと思います。

 

児童画国際交流展に向けて制作中

児童画国際交流展に向けて制作中

 

 

児童画国際交流展に向けて、木を使った工作をしていただきました。材料は東儀光則がOWL美術研究所のあちこちに棚を制作した、材料の残りや、改修工事の時にいただいた、木材や庭の枝選定時にのこしておいた物、知り合いの木工作家さんからいただいたりもしています。その材料たちを自由にホットボンドや、木工用ボンドで繋ぎあわせて、制作していきます。又、細かい所は糸鋸できったり、ドリルで穴をあけたりして、作っていきます。今回は時間をかけて、納得のいくまで制作していただきました。

 

東儀画塾 子供アトリエ教室 工作教室の詳細

お問い合わせ

TEL 075-601-4423

見学も随時行っております。
ご希望の方はお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせフォーム