ブログ

初心者にも基礎から良くわかるデッサンの描き方【円の形を描く方法と練習法】

初心者にも基礎から良くわかるデッサンの描き方【円の形を描く方法と練習法】

小さな形だと、なんとなく形がとれるのですが、大きな形になると、なかなか手が思ったように動かなくて、正確に形がとれません。どのようにすれば形が正確にとれるのでしょうか?具体的な方法を教えてください。

こういったご質問にお答えします。

  • 大きな形(円)を正確にかけるようになるための具体的な3つの手順
  • 大きな形(円)をかくための注意点
  • 大きく形が描けるようになるためのおススメのデッサン練習法

OWL美術研究所では最初のデッサン課題として直径25cmのゴムボールを描いていただいています。

ある程度大きくて単純な形を選んでおります。小さい形だと、手の動きも小さくてすむので、比較的抵抗なく、形がとれるのですが、大きくなるだけで、単純な形態であるはずの球体でもなかなか難しくなります。

大きな要素を正確に形取るためには、基準をでるだけ正確に把握し、ポイントを整理して、取り組んでいただければ大丈夫です。

 

大きな形(円)を正確にかけるようにするための具体的な3つの手順

手順は下記の通り

  1. 大きく画用紙の中央に縦と横の垂直水平の補助線を引く
  2. 補助線中心から同じ長さの所に出来るだけ正確に左右上下と位置を決め点を定める
  3. 四分の一ずつ、左右上下対象になるように描いては削りを繰り返し、円の形を正確に描いていく

大きく画用紙の中央に縦と横の垂直水平の補助線を引く

そもそも直線がひけないという方は、【デッサンにおける直線を描くための練習法】で詳しく解説しておりますので、参考にしていただけると幸いです。

補助線中心から同じ長さの所に出来るだけ正確に左右上下と位置を決め点を定める

鉛筆を使い、形を測る方法には、2つあります。

一つは対象モチーフの形を見ながら、手をのばして鉛筆をあて角度や比率を測る方法(この時片目で行う)

二つ目はデッサンで描かれた線のチェックで形を測る方法

今回はこの2つ目の方法です。

1の方法は、あくまでも正確には測れませんが、

(くわしい説明については別途紹介予定)

2のチェックはミリ単位で合わせる必要があります。

今回の場合は、補助線の中心からの距離を正確に測るために行うのですが、「鉛筆メモリついてませんが、どのように正確に測るの?」という声が聞こえてきそうですが・・・

そこは鉛筆の柄を利用したり、鉛筆のうしろから測りたい所の基準線、距離をしっかりと爪を立てずれないように、持ち、何度もチェックして測り、点を打って4か所の距離がすこしでもずれていたら、又測ってのくりかえしで、正確な点が打てるようにします。

【デッサンの試験をクリアするためにデッサンをする場合は、おそらく定規がつかえないので、このようにしますが、試験を受ける予定の無い方は最初、単位を計るために、定規を使ってもよろしいかと思います。直線は練習のために、定規なしでひいてね!】

四分の一ずつ、左右上下対象になるように描いては削りを繰り返し、円の形を正確に描いていく

四分の一ずつ正確に描けるようにしていくのですが、すこしずれたり、左右上下が対象にならなかったりするとおもいます。斜め45度の補助線をここで増やしてさらに点を打ち、チェクポイントを増やして、正確に描けるようにしていきましょう。

大きな形(円)を描くための注意点

デッサンで大きな円を描くための手順を紹介したのですが、注意点としては、最初から正確に描こうとしない事です。矛盾するように聞こえるかもしれませんが、一番最初は画用紙に対して、どの位置にどの位の大きさで描くのが一番ベストであるのかを、さぐるように描いていきます。(アタリをつけると言います)モチーフとの関係性で、どの大きさに描くのがベストなのかは変わってきます。今回の球の場合は上下左右シンメトリーなので、ほぼ中央に描けば良いのですが、ど真ん中だとすこし動きがなくなってしまうので、すこしずらした方がよいでしょう。少し形に方個性があるモチーフでは、向いている方向性がある方に少し空間を開けた方が落ち着いてみえるでしょう。球の場合、地面に影が伸びている方向をすこしだけ広くとるとよいでしょう。

上下の位置関係も大きく描く方が迫力が出てよいのですが、卓上に物を置いて描くばあい、地面との関係性もとても重要な要素となります。あまりギリギリだと、地面においてある事が説明できなくなるので、画用紙と描く物の大きさの関係性をつねにはかりながら、どの位で描くと美しく描けるのかを、最初の段階では探りながら位置と大きさをきめ、そこから正確に描けるようにしていきます。

構図の感覚は基本的な考え方はあるのですが、実際にその場で描きながら感じて、この構図が美しいと感じる感性を磨いていく事が大切です。

大きく形が描けるようにするためのおススメデッサン練習法

 

デッサンをするうえで、基本的に思ったように自分の身体が動く事が前提になります。真っすぐの線と丸と楕円がフリーハンドで描ける事が前提になってしまいます。

逆説的に考えれば、直線と丸と楕円がフリーハンドで描けるという感覚があれば、

第一関門はクリアーしているといえます。

直線が描ける感覚が無いとかなり厳しくなります。

しかし練習しだいで直線は描けるようになります。

直線がどうしても描けないと思ってしまう方はこの記事【デッサンにおける直線を描くための練習法】をみていただき、

練習し、「まあ直線位描けるな~」という感覚で臨んでもらえるとうれしいです。

そして今回は大きな円の形を描く方法について解説してきたのですが、

この円を描く手順で四分の一ずつと記載しましたが、

デッサンとは別に紙を用意していただき、

一筆描きで描く練習をしていただく事をおススメいたします。

直線を描く練習の時に使ったA3のコピー用紙をつかっていただけるとよろしいかと思います。

小さな円から始め段々大きくする。

補助線は引かず一発で描いてみる。

補助線の十字を引いてから又円を描いてみる。

面相筆で描いてみる。

描けるという感覚がつかめるまでいろいろとためして、描いてみましょう。

描いた線が正確に描けているかを確認する方法は

コンパスで最初に描いた十字基準点からの半径で円を描きコピー用紙を切り抜いて、描いた線と比較しながら、修正していきましょう。

(しかしこれは最初からやらないで下さい。出来るだけ限界まで、自分の目で判断して、何度も修正した後に答え合わせとしておこなってください。)

これは、このゴムボールのデッサンで形を取った時にも有効です。

最初はうまくいかないかもしれません。その時は、円の形をコンパスで描いて、その上をなぞる練習をしてみましょう。

どの部分が描きやすく、どの部分で形が蛇行してしまうのかを把握する所から始めてください。

おそらく、

左上

右上

右下

左上

と中心からパートを分けた場合、右利きの方は左上と右下が描きやすはずです。

右上と左下は手首をかえさないといけないので描きにくくなってしまいます。

実際のデッサンでは、描きやすい方向に画用紙を回転させながら描くのもありです。

しかし、この大きな円を描く練習方法では、あまり画用紙は動かさず、

一筆書きで描いて行く練習をしましょう。

丸い形をイメージして、ある程度正確に形描けるようになると、

他の形を描くプロセスも、形を頭の中で思い描いて線を引くという事ではかわりありません。

単純な形が描けるという感覚が身につくと、

そこから考えて形を導きだすように描く事が出来るようになってきます。

 

不慣れな左手で、チャレンジ!大きな円を描く練習方法を動画で解説していますこちらも参考にご覧ください。

ゴムボールのデッサンで、形を描く段階迄を動画にて解説しております。

 

 

形をとった状態からの球のデッサン描き方の説明を解説いたしておりますので、

続きはこちらから➡https://www.to-gi.com/blog/zyukenn/3476【球の描き方】

参考にご高覧いただけると幸いです。

 

(OWL美術研究所では、換気をよくし、オゾン発生器、空気清浄機、除菌成分配合の加湿器、玄関でのアルコール手洗いの実施 よく触る所は除菌を実施し開講しております。)

 

 

OWL美術研究所ではZOOMを使いオンライン絵画教室を実施しております。

興味はあるがZOOMってなに?

どうしたらいいの?

という方は設定方法をかんたにではありますが

ZOOMの設定方法スマホ編にて解説しております

よろしければご高覧ください。

 

毎週火曜日期間限定無料勉強会開催中

14;30~15;00 

21;30~22;00

期間限定でオンライン絵画教室zoom無料勉強会も開催いたします。

下記の勉強会お申込みフォームよりご登録いただければ、ZOOMのミーティングアドレスをお送りします。

アンケートを元に勉強会を実施いたしますので、アンケートにお答えください

新規で受講をお考えで詳しい説明を聞きたい方、

ZOOMでの講座の進め方や、指導方法、不安点など

ご質問がございましたら

お問い合わせメールフォームもしくは075-601-4423にご連絡ください。

電話にはこの記事を書いている東儀光則本人が出ます。ZOOMのでの相談がご希望であれば、ZOOMでの個別相談もできます。

新規でオンライン絵画教室に入会をご希望の方は講座ごとにミーティングアドレスを送ります。

こちらより登録下さい。

初回の選択講座迄に、個別相談を行いますので、送られてくるメールに

個別相談希望時間を記入の上返信お願いします。

 

オンライン絵画教室 鉛筆デッサン 靴

オンライン絵画教室 鉛筆デッサン 靴

オンライン絵画教室で、頑張ってデッサンに励んでおられる生徒さんの作品を紹介させていただきます。

今回は普段から履いている愛着のある靴を描いてくれました。

最初、靴を並べて、構図を決める所から始め、

スケッチをしてもらいます。

しかし、角度が、同じような感じで左右の靴が並んでいたので、

もう一度、並べ方を考えて、構図決定用の写真を何枚か撮ってもらいました。

そして、少しずつ修正しながら、最終の構図の案にまとまり、描き始めてもらいます。

形が描けたら、又写真に撮って見せていただき、形を修正してもらい、塗っていきます。

ある程度出来てきたら、又写真に撮って、送っていただき、アドバイスを送る事の繰り返し

で完成いたしました。

 

 

 

ヤッター出来上がり!

 

 

OWL美術研究所ではZOOMを使いオンライン絵画教室を実施しております。

興味はあるがZOOMってなに?

どうしたらいいの?

という方は設定方法をかんたにではありますが

ZOOMの設定方法スマホ編にて解説しております

よろしければご高覧ください。

現在毎週火曜日

14;30~15;00 

21;30~22;00

期間限定でオンライン絵画教室zoom無料勉強会も開催いたします。

下記の勉強会お申込みフォームよりご登録いただければ、ZOOMのミーティングアドレスをお送りします。

アンケートを元に勉強会を実施いたしますので、アンケートにお答えください

新規で受講をお考えで詳しい説明を聞きたい方、

ZOOMでの講座の進め方や、指導方法、不安点など

ご質問がございましたら

お問い合わせメールフォームもしくは075-601-4423にご連絡ください。

電話にはこの記事を書いている東儀光則本人が出ます。ZOOMのでの相談がご希望であれば、ZOOMでの個別相談もできます。

新規でオンライン絵画教室に入会をご希望の方は講座ごとにミーティングアドレスを送ります。

こちらより登録下さい。

初回の選択講座迄に、個別相談を行いますので、送られてくるメールに

個別相談希望時間を記入の上返信お願いします。

 

 

 

 

(リアル講座も、換気をよくし、オゾン発生器、空気清浄機、除菌成分配合の加湿器、玄関でのアルコール手洗いの実施 よく触る所は除菌を実施し開講しております。

あまり多くの方も参加されていない状況ですので、2メートル間隔もあけております)

オンライン絵画教室 絵を正確に撮影する方法

オンライン絵画教室 絵を正確に撮影する方法

デッサンをオンラインで見せていただくうえで、できるだけ、描いた絵を正確に写真に撮っていただく必要があります。

少し斜めから撮ってしまうだけでも、形が正確に描けているか把握できなくなってしまうので、

絵が斜めにならないように、写真の枠と絵の4辺が平行になるように、撮影していただく事は特に注意して、撮影してください。

最近のスマホでもそこそこ綺麗な写真がとれるのでありがたく感じます。

しかし、元の光の当たり方に忠実に撮れるので、適当に撮ってしまうとやはり、そのまま写ります。

 

実は平面を正確に写真に撮るのは、かなり難しいです。

光源と絵の位置関係や角度が少し違うだけで正確に撮れるかどうかがかなり違います。

適当な位置に置いて、写真に撮ると、あからさまに影になっていなくても、

実はかなり四隅の色の値が違います。

この四隅の明暗の値が同じになるような光源で写真を撮るのが理想なのですが

なかなかそうはいきません。(ちなみに上記写真は真上の光源から45度傾けて撮りました)

 

このような光源で写真が撮れるとそこそこ色むらがなくとれるのですが、なかなか、一般的な住居空間で。

この条件を作り出すのが難しいとおもいますので、

電気の真下で絵を撮る事を条件にどのくらい傾ければ、綺麗に撮れるのかを実験しました。

結論から言うと、60度です。そして簡易レフ版を下からあてて撮ってあげると、そこそこ実験したなかでは美しくとれました

簡易レフ板この画用紙を紐で止めたもので、下にこのレフ板を置いて下からの光を当てて撮影します。

 

光源は真上で60度傾けて写真をとります。

こんな感じで撮影していただけると幸いです。

出来るだけ簡単に、綺麗に撮れる方法を模索したのですが、まだ13パーセント差があるので、もっと簡単に綺麗に撮れる方法あるよ~という方がおられましたら、

教えてください。

zoomの初期設定方法 スマホ編

スマホ編

Zoomアプリをスマホに入れてください。

iPhoneでは、App Storeを開きます。

Androidの場合は、playストアを開きます。

ZOOMを検索して探します。

Zoom Cloud Meeings となります。ZOOMの正式名称です

入手」や「インストール」をタップし、インストールできたら「開く」をタックしてください。

インストールが出来た事を確認していただきましたら、

メール登録いただいたメールに記載されている

メールアドレスをクリックしていただけると、

(前日の夜にはメール配信いたします。)

必ずその日時のミーティングアドレスを使います。以前に配信したアドレスではつながりません

又毎回パスワードも違いますので、必ず自分が受けたいミーティング日時のアドレスをクリック

下さい。

クリックしていただけるとこのような画面になります。

ここで私(ホスト)が入出を許可するとつながるようになります。

 

設定時間前は待機していますが、まれに、途中参加の場合は、トイレなどにいっていて、すぐに許可するボタンが押せない

場合がございますので、その場合は、電話0756014423か登録のメールアドレスにで連絡いただけると幸いです。

この画面がでたら、インターネットを使用した通話を選択

wifiがつながっていると安定いたしますので、wifi環境のある場所で参加ください。

最初ビデオが開始されていないようになっていますので、タップしていただけるとこの画面に

なりますので、ビデオの開始を押してもらうとインカメラが作動して、ビデオ通話できます。

一番最初は音などが聞こえにくい時もありますので、音量調整もお願いします。

又しばらく描く時間で、会話は必要なく、繋げておきたい場合などはビデオをオフにしておいて

もらうと電池の持ちがよくなります。ミュートは音を拾わなくなります。周りの雑音がひどい場合

などは、ミュートしてもらえれば、音は拾わなくなります。こちらからの声は聞こえるようにしておいて

下さい。左上のスピーカマークを押すと、音が聞こえなくなります。

 

 

右上の画面が出てビデオが出力されました。自分のパソコンでホストも両方同じ人でわかりにくい

ですが、これでつながっています。

 

 

OWL美術研究所ではZOOMを使いオンライン絵画教室を実施しております。

ご希望の方は講座ごとにミーティングアドレスを送ります。

こちらより登録下さい。

新規で受講をお考えで詳しい説明を聞きたい方、ZOOMでの

講座の進め方や、指導方法など

ご質問がございましたら

メールフォームもしくは075-601-4423にご連絡ください。

電話には東儀光則が出ます。

京都市立芸術大学合格者再現作品

京都市立芸術大学合格者再現作品

OWL美術研究所では、現在オンライン講座を実施しております。

ニュージーランドから、京都市立芸術大学を目指して、頑張ってデッサンにはげんでいる生徒さんの作品を
【今年見事に京都市立芸術大学に合格された方の作品】と共に紹介させていただきます。

オンラインで、なかなか伝わりきらない部分もあるとおもうのですが、すごく頑張って取り組んでくださっているので、こちらもできるだけ、伝える努力を試行錯誤しながら、行っております。

現在オンライン講座モニター募集しております。
興味のある方は

https://www.to-gi.com/news/3897
興味はあるが、最初から、参加は厳しという方は、

ファイスブックグループで無料勉強会もありますので参加下されば幸いです。
facebook.com/groups/302945550386239

電話や
メールでもお問いあわせ受付中。
TEL075-601-4423

メールフォーム

お問い合わせ

2月22日は猫の日にちなんで猫の絵画と工作作品を集めてみました。

2月22日は猫の日にちなんで猫の絵画と工作作品を集めてみました。

ニャーにゃーにゃーで2月22日は猫の日

ついでに令和2年なので

にゃーにゃーにゃーにゃーですね。

沢山作品紹介させていただくの最後までみてねニャー

 

ナイフで描いたり、ローラにラップや梱包材を巻いたりして絵の具をつけてこらがしたり、いろいろなマチエールをつけたトレーシングペーパーをコラージュして描きました。

 

ねこがボールでじゃれています 点をたくさん描いて毛並みの表現工夫してみました。

 

ねこに見えなくもない 東儀光則版画作品

 

前の週に猫の石を作り、目はマニュキアでぬっています。 ねこの遊び場所を木工でつくりました。 diyの木片や庭で切った切株などをありとあらゆる形に切っておきます。それを子供たちは自由に繋げていきます。

 

 

 

プラバン工作

 

 

ちょっと一休み

 

風鈴をつくりました。

 

針金に縄を巻きポーズをとらせて粘土で肉付け、色を塗り、出来た猫をモデルにした絵を描いてもらいました。

 

 

 

 

 

針金に縄を巻きポーズをとらせて粘土で肉付け、色を塗りました

 

のびでもしようかな

 

 

 

せんぷうきで涼んでいる猫

 

ねことネズミ

 

 

ハロウィンの時期にランタンを作ってもらったのですが、 ネコランタンを作ってくれました。

何か狙っています。

 

 

足のつき方よく観察しています。

 

 

にゃーニャー猫が二匹

 

 

発砲スチロールで土台を作り、その上にまるでなっとう粘土を張り付けて作りました。

作ったキャラクターの絵を描いてもらいました。

 

最後まで読んでくれてありがとうニャン

京都町家の絵画教室 子供アトリエ作品紹介 寒いをテーマに描いてもらいました。

京都町家の絵画教室 子供アトリエ作品紹介 寒いをテーマに描いてもらいました。

OWL美術研究所の子供アトリエ教室では、寒ーいというテーマで描いていただきました。

肩がすくみ、手を服の中に入れています。
寒い中、雪だるまを作りたのしんでいるのですがただただ震えている人もいて面白いです。
寒い時にする格好や動作をよく観察されているので、すぐに絵にできるのだと感心します。
 
日の出日の入り太陽が雲の後ろにある時など状況により異なりますが、雲は太陽より下にあり、上から光が当たる事が多く、雲の下部が暗くなっていたりします。雲の下の方を暗くするとより立体感がでます。
実際の雲を見るときにも、ここで描いた事を思い出して、実際にある物をよりよ
く観察して見てもらえるとうれしいです。
 少し濁った色と彩度の高い色のバランスが絶妙に美しいです。
北極ギツネが氷の上にのり、サメがジャンプして、奥にクジラがいます。
ワカサギ釣りをしている所を描いてくれました。 顔は氷の反射で黒く日焼けしているそうです。 寒い状況でも力強く、たくましく生きているという事です。

大人アトリエ教室で水彩画を描いていただきました。

大人アトリエ教室で水彩画を描いていただきました。

シイタケと共に庭に芽生えたフキの塔を描いていただきました。

今回はシイタケの表面感を表現するために、塩を振ってみました。

シイタケの裏の部分は面相筆で細い線を細かく引いて表現しています。

 

 

塩を振ってどのような効果が表れるか実験中

 

ちなみにシイタケは庭で栽培した

 

 

 

 

わけではありません。

買ってきました。

 

子供アトリエでは児童画国際交流展に向けて

子供アトリエでは児童画国際交流展に向けて

 

児童画国際交流展ポスター

本年より、OWL美術研究所の子供アトリエでは児童画国際交流展に参加させていただく事となりました。

展覧会に向けて、作品をがんばって作っています。

 

画像をクリックしていただけると動画をご覧になれます。

飛び出す絵本を出品予定です。一人ひとり、自分の考えた物を飛び出す絵本になるように、コピー用紙でまず試作し、そこから硬い紙に写して、表紙にも絵を描いてもらっています。いつもは、一回で1課題の時が多いのですが、今回は時間をかけて取り組んでいます。

コピーコピー用紙で試作しています。ひくほど紙が散乱していますが、ご了承くださいませ。

2月3月お休みのおしらせ

2月3月お休みのおしらせ。

2月11日は祭日ですが、受験直前の為、受講日とします。

3月19日は児童画国際交流展搬入のためお休みいたします。

3月31日は5週目のためお休みいたします。

4月の木曜日は2日9日16日23日30日と5回ありますが、3月19日の振替として、開講いたします。

 

お問い合わせ

TEL 075-601-4423

見学も随時行っております。
ご希望の方はお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせフォーム